Home

毎日の簡単掃除が水回りをキレイを保つポイント

水回り掃除が嫌になってしまう大きな原因のひとつが汚れを溜め込んでしまうことです。年末や何か月かごとにしなければならなくなる大掃除は、やり遂げた時には最高の満足感とさっぱりした気分が味わえるものなのですが、目の前に汚れが溜まっているのを見るとやり始める気にはとてもなれないという人が多いのが現実です。

そこでおすすめなのが、何週間あるいは何ヶ月おきに大がかりにする掃除ではなく毎日気になった箇所をほんの少しずつ、また軽くキレイにするやり方です。このやり方なら一回の掃除にかかる時間も数分と短く、もちろん手間もかかりません。

毎日の簡単掃除のコツは、やらなければと気負うのではなく気分をリフレッシュさせるつもりで少しずつ続けることです。水回りなら、外出から帰った時の手洗い・うがいの時に洗面台や洗面ボウルをウェットティッシュで一周ふいておくとか、排水口にヌメリ取りをポンと入れておけば汚れが溜まらず快適です。近くに専用のぞうきんを一枚置いて、水がとんだらその場でサッと吹いておくだけでも水回りをキレイに保つことが可能です。

毎日使う場所ですから、使う時にちょっとだけ手をかけることが習慣になってしまえばOKです。この習慣ができていれば、急にお客さんが来ることになっても慌てなくて済みます。

水回りの掃除には重曹とお酢

スプレーボトル水回りの掃除には重曹とお酢を使うと効果的です。どちらも日常的に家の中に常備しているものなので、わざわざ掃除のために購入する必要もありません。

お酢の中でも穀物酢や米酢がお勧めです。これらは、石鹸カスや水アカなどを落とす時に役立ちます。トイレの黄ばみ落としにも有効的です。と言うのも、お酢には水素イオンが含まれており、これが汚れを分解したり菌の繁殖を防いだりといった役割を担っているからです。

重曹は皮脂や手垢落としに最適です。それから、油汚れにも効果を発揮することができます。酸性の汚れをアルカリ性に中和させることができるからです。そのため、特にガスレンジ周りや換気扇といったキッチンの水回り掃除に役立つことがあります。

使い方としては、お酢は原液のままでも可能ですが、水で薄めてスプレーボトルに入れて使った方が使いやすくて便利です。

重曹はそのままふりかけて磨くようにするといいかもしれません。汚れがそれほどひどなければ、水で薄めてスプレーボトルに入れるという、お酢と同様の使い方でも構いません。ただし、この場合、分離しやすくなってしまうことから、すぐに使い切ってしまうことをお勧めします。

お酢も重曹も口に入れても問題ないものという安全性の高さからもお勧めです。

掃除でキレイにならない場合はハウスクリーニングに頼むという手も

ハウスクリーニング掃除をしても落としきれない汚れなどはハウスクリーニングに頼むといいかもしれません。プロならではの技術力や専門的な機器を使って掃除することができるため、素人ではできないような部分もスムーズにキレイにすることができるからです。

例えば、素人が苦手とする掃除場所として水まわりが挙げられます。水まわりはカビが生えやすく、水アカも溜まりやすいことから、素人ではカビを根こそぎ退治するというのは難しいものがあります。そんな時こそプロの出番です。

それから、トイレ掃除も厄介です。黄ばみが生じてしまったり、ニオイが消えなかったりすることがあります。これもまたプロの手にかかれば簡単です。あっという間に便器の黄ばみもキレイにすることができます。

キッチンや風呂場、トイレといった水まわりの掃除をハウスクリーニングに依頼する場合、もちろん費用がかかります。業者によって料金は違いますし、キッチンだけでいくらというように料金が決まっているはずです。水まわり全体となると個別に頼むよりも安くなることがあります。

個別では通常、1万円~1万5千円です。追加するごとに料金が発生するということがありますが、汚れがひどいのなら安いものです。

当サイトのおすすめハウスクリーニング業者はこちら